ホーム » 採用支援サービス探しの相談窓口

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    採用支援サービス探しの相談窓口

    採用業務そのものを採用支援サービスなど外部に任せ、企業本来の業務に専念しながら、希望する人材を効率よく獲得して行くという傾向は、近年ますます強まっています。新卒のみを採用していた時代は、外部に採用業務を委託するといったことは考えにくい面がありましたが、バブル崩壊以降、優秀な人材を中途採用するといったケースが増え、採用の仕組み自体が多様化しています。加えて、近年いっそう厳しくなった個人情報の管理など、ますます複雑化する採用業務は、それを専門に行うエキスパートに任せるほうが効率は良く、安心できる面もあります。採用全体にかかる労力やコストを抑えながら、採用に長けたスタッフの手腕によって、企業に最も適した人材を速やかに獲得することを可能にするサービスとなっています。

    これまでの採用業務体制も考慮して選定

    一口に採用支援サービスと言っても、それぞれの採用支援会社が提供しているサービスの内容やクオリティ、料金体系など、多種多様となっています。採用支援を受けたい企業ごとに違う事業形態や、採用戦略によっても探し方は異なってきます。設立して間もない企業の場合、自社に採用システムそのものやノウハウは無いものの、毎年一定の新規採用を考えているのであれば、採用人数をそろえることに長けた支援サービスが適していると考えられます。歴史のある企業でも、これまで社内で行っていた採用業務を、今後は採用支援サービスに委託したい場合、これまで以上に質のいい採用につなげるため、企業に最も合う人材を見極め、集められる手腕に重点を置きます。企業におけるこれまでの採用業務体制によっても、選び方に違いが出てきます。

    業務委託して得られるメリットを明確に

    採用という重要な業務を委託するからには、中期的な成果を重視しつつ、長期に渡る良いパートナー関係を築けるかどうかが、採用支援サービスを探す上で最も重要と言えます。それを知る手がかりの一つとなるのが、業界内での評価の高さです。採用支援業務を行うスタッフの管理や、育成システムがしっかりしていることで、スキルの高いスタッフを多く有している採用支援会社が最良と言えます。業務や対応のプロセスが徹底してシステム化されていることからも、信頼度の高さが推し量れます。さらに、外部委託するにあたって大事な、採用にかかるコスト面のチェックも重要です。見積もりが速やかで明瞭、企業内で採用業務を行った場合のコストよりも安いことが確実になるという点は、外部委託する上で大いなる魅力となります。