ホーム » 採用支援サービス利用のメリット

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    採用支援サービス利用のメリット

    導入する企業が増えている採用支援サービスですが、採用のプロにその企業に見合ったプランを提案してもらえる一方で、契約した金額の報酬を支払わなくてはいけません。利用時のメリットをよく理解して、支払った報酬よりも大きな成果を得ることが重要です。社内だけでは解決できないからこそプロに依頼するのだから、それによって何を達成したいのかを事前に明確にしておきましょう。将来的に採用活動を社内だけで完結するためにも、コンサルティングによって最適な仕組みを構築することが大切になります。業者によって得意とする分野が違うので、自社が重視する部分をリストアップして、優先順位をつけておくと、業者選びの段階からスムーズです。いくら経営戦略における課題を解決できるからといって、無制限に予算はとれないので、予算を超えないこともチェックしておきましょう。

    社内における採用プロセスと基準が統一される

    採用支援サービスの最大のメリットは、それまで各自が適当に行っていた採用プロセスが具体的になると同時に、統一された基準によって運営する形に変えられる点です。伝統的に行われてきた採用プロセスはどの会社にもありますが、外部からのチェックにも耐えられる業務フローになっているところはあまり見られません。すでに時代遅れになっているプロセスがあれば、現代に合っている形態に差し替える必要があります。しかし、会社の採用プロセスが外部の人間に見られる機会はめったになく、気づかれないまま古い手順が繰り返されているのが実状です。採用支援によって会社が実現したい目標から改めて見直して、採用したい人物のイメージと、その人物をいかにして採用するのかの手順を担当のコンサルタントと一緒に考えてみましょう。

    大手企業に負けない品質の採用活動にできる

    就職活動を行っている学生は、匿名の掲示板などを通して、相互に情報交換を行っています。もはや採用する側だから立場が上と言っていられる時代ではなく、その企業に応募した体験者から即座に情報が広がっていき、他の学生や転職希望者と情報を共有している点を忘れてはいけません。採用支援サービスは大手企業にも認められているハイレベルのサービスであり、その力を借りることで大手企業と同等の採用活動に改善できます。特に、限られたチャンスを最大限に活かさなければいけない中小企業では、採用支援サービスによる採用活動のクオリティアップが長期的に大きな効果を発揮します。自社にとって本当に必要な人材から見直せるので、的を絞った採用活動にできるのも、外部の専門家を招くメリットの1つです。