ホーム » 利用者に聞いた採用支援サービスの実態

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    利用者に聞いた採用支援サービスの実態

    企業において生命線と言っても過言ではない「人材管理」は、多くの企業が頭を悩ませるポイントでもあります。大企業の場合はその割合は比較的小さく済みますが、中小企業ともなれば経営危機に瀕するほどの問題を抱えていることも少なくありません。自社が抱える能力のみでは効率的な人材管理が難しい場合、その助力を外部に求めることがあります。その際に利用するものが「採用支援サービス(コンサルタント)」であり、その影響は非常に大きなものです。しかし、当該サービスを提供してさえいれば良いということではなく、「価値のあるサービスを提供していること」が重要です。利用するサービスに関する情報収集をしっかりと行うことが大切であることは言わずもがなですが、特に「経験者の感想」はよく確認しておきましょう。

    口コミなどの情報を参考に「実態」を探る

    採用支援サービスの利用者は、当然ながら法人です。場合によっては個人事業主が知識や技術を身に付ける目的で利用することはあるものの基本的にはBtoBビジネスとなるため、正直な実態が表に出てきづらい傾向があります。たとえば、多くの企業が利用しているサービスだった場合、それだけの理由で「安心できる」と思い込んでしまうことも少なくありません。むしろ、こういった不確定な事実が理由で大きな市場シェアを持っているサービスも多く、新規利用者は多いがリピーターが少ないサービスもあります。要するに、そういったリスクを回避するために情報収集をする以上、しっかりと実態を確認することが重要です。情報収集の手段としてインターネットを活用する方法は効率的ですが、その場合は注意するべきポイントがあります。

    情報は「真実であること」を優先する

    採用支援サービスに関する情報収集をしていくと、ときには「非常に偏った意見」に遭遇することもあります。もし、その意見が良いものだった場合、それほど素晴らしいサービスを提供していると安心することもできますが、その判断は必ずしも正しいとは限りません。むしろ、真逆の認識を持ってしまっている可能性もあるということを覚えておくことが大切です。実際に利用した人と直接コンタクトをとって評価を確認する場合、相手がサービス提供者と何らかの特別な関係でない限りは事実を知れる可能性が高いですが、インターネットなどを中継して知り得た情報については嘘偽りの可能性が比較的高いものだということを覚えておくことが必要です。すべての情報の裏付けをとることは困難ですが、少なくとも偏った情報は事実確認をするなどの対策を検討した方が賢明です。